ウォーターサーバー

赤ちゃんのミルクにはウォーターサーバーが一番いい理由

赤ちゃんのミルクを作る時にどのようなお水を使っていますか?沸騰させた水道水でミルクを作ることが一般的ですが、沸騰させることで増える成分「トリハロメタン」をご存知でしょうか?この成分は水を塩素消毒する時に発生するもので、発がん性のある物質とされています。こういったことから水道水を危険視し、ミネラルウォーターを使用するご家庭が増加しています。水道水よりもミネラルウォーターは安心できるかもしれませんが、果たして赤ちゃんに合っていると言えるのでしょうか?
そこで、赤ちゃんに適したお水とは一体何なのか調べてみました。

赤ちゃんとミネラルウォーター


赤ちゃんは大人と異なり、胃腸が未発達なのでミネラルは赤ちゃんの内臓に負担をかけることがあります。特に、硬度の高い外国産のミネラルウォーターには、マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれているので避けましょう。粉ミルクには、赤ちゃんに必要なミネラルが計算して配合されているため、使用する水にもミネラルが含まれると過剰摂取となり、赤ちゃんの内臓に大きな負担をかけてしまいます。調乳する時は、ミネラルの少ない軟水や、ミネラルを除去したピュアウォーターをおすすめします。

ウォーターサーバーはミルク作りの強い味方


買い物をする時、ペットボトルのお水を買うと大荷物になってしまいます。ウォーターサーバーを自宅に設置すると、玄関先まで届けてもらえるため買い物の負担が軽減します。

また、ミルクは作り置きすることができないので、深夜でも赤ちゃんが泣き出したら調乳しなければなりません。ウォーターサーバーがあれば沸騰させる必要はなく、すぐに冷水と温水が出るため赤ちゃんを待たせることがないのです。

ピュアウォーターについて

ミネラルウォーターにはミネラル成分がそのまま入っています。ピュアウォーターはミネラル成分が含まれていないお水のことをいいます。
ROフィルターという分子レベルの超微細なフィルターに通してろ過していくので、微生物やミネラル、雑菌、ウィルスなども除去されています。
ですから赤ちゃんの体に負担になるミネラルは含まれていません。

引用元:ウォーターサーバーのアルピナウォーター

このように、ピュアウォーターには赤ちゃんの内臓に負担をかけるとされるミネラルは含まれていないので、安心してミルクを与えることができます。
赤ちゃんの体のことを考えると、ミネラルが取り除かれたピュアウォーターが良いかもしれません。

日々成長していく赤ちゃんは新陳代謝が高いので汗も大人よりも多くかきます。
その上内臓がしっかりできていませんので腎臓の機能も不完全です。大人のようにしっかりとした尿を作れませんので、水分が尿として大人以上にでていってしまうのです。
成人は1kgあたり、30~40ccですが、乳児は約150cc、1歳でも100~120ccと成人と比べると4~5倍位のお水を赤ちゃんは必要としています。
その上大人より下痢や嘔吐で脱水症状を起こしやすいのです。赤ちゃんにとって健やかに成長する上でお水は大切な存在といえるのです。

引用元:ウォーターサーバーのアルピナウォーター

軟水のミネラルウォーターがミルク作りに適しているとは断言できません。赤ちゃんのためのお水選びにお困りの方は、まずピュアウォーターを使ってみてはどうでしょうか?

ウォーターサーバーの注意点

このように、ウォーターサーバーは便利ですが注意点もあります。
現在、ウォーターサーバーの多くは、サーバーレンタル料・メンテナンス費用といったものが無料となっていますが、稀にこれらのレンタル料などが有料になっているメーカーが存在します。

ウォーターサーバーを自宅に設置する必要があるため、スペースが必要となることやお水を保管する場所も確保しなければなりません。


このように、回収タイプ(リターナブル)と使い捨てタイプ(ワンウェイ)があります。回収タイプだと、回収されるまでお水のボトルを保管しなければいけないので、飲み終わったらすぐに捨てられる使い捨てタイプが便利です。

ウォーターサーバーがあれば、温水と冷水が同時に使えてミルクをすぐに作れることはもちろん、重たいお水を買う必要がなくなることが大きなメリットです。月々のコストはかかってしまうかもしれませんが、お水を買いに行ったりお湯を沸かしたりする手間などを考えると、ウォーターサーバーはたいへん便利なものです。さらに、届けてもらう水をピュアウォーターにすることで安心して赤ちゃんにミルクを与えることができます。