日本の滝

四十三万滝(よんじゅうさんまんたき)

四十三万滝

四十三万滝は熊本県菊池市にあります。菊池市は熊本県北部に位置する人口およそ4万8千人の市です。米どころとして知られ、メロンやごぼうなどの栽培も盛んとなっています。ここでは、四十三万滝について説明します。

特徴

1934年(昭和9年)、九州日々新聞社が景勝地を募集しました。その結果、43万票を獲得して1位に選ばれたことから四十三万滝と名付けられたとされています。この滝は高さ10mと低いですが、水量は多く岩を滑るように流れています。

アクセス

車:九州自動車道植木ICから車で1時間
駐車料金:100円※清掃協力金として徴収されます。
菊池市外地方面から国道387 号線を経由して県道45号線に入ると、菊池渓谷に駐車場があります。渓谷入口からおよそ20分で四十三万滝に到着します。

周辺の観光地

道の駅 七城メロンドーム

七城町の名産品であるメロン型の建物が目印です。糖度の高いメロンや、メロンを使った加工品などが好評となっています。おすすめなのが1日平均1千個も売れるメロンパンです。七城産のメロン果汁を贅沢に使っており一度食べたら忘れられない一品、ぜひ味わってください。

おわりに

四十三万滝の特徴と観光地を紹介しました。
渓谷の年間平均水温は14℃と避暑地に適しています。これから来る夏に向けて観光してみてはいかがでしょうか?

参考リンク

日本の森滝渚100選

宿・ホテル予約ならじゃらんnet