ミネラルウォーター

ミネラルウォーターの安全基準は国によって異なる

世界の炭酸ミネラルウォーター

海外のミネラルウォーターの安全基準は国によって異なり、もちろん日本の基準とも大きく異なります。
日本のミネラルウォーターは、滅菌処理を行ってボトルに入れていますが、海外のミネラルウォーターの場合、採水してそのままボトリングしているような商品も実は大変多いもの。
では、日本のミネラルウォーターが安全で、海外のミネラルウォーターには危険性があるという事なのでしょうか?
いえ、そう一概には言えないようです。

まず、EUにはミネラルウォーターに関する品質基準というのが三つあり、その中の一つが何と日本では基準として定められている加熱殺菌が禁止されているのです。
日本のミネラルウォーターとしては考えられない事ですが、EUでは採水した段階での成分などが壊れないように殺菌処理を禁止しているのです。
しかし、その代わりに日本と比べても大変厳しい病原菌やミネラルの値がチェックされ、その基準をクリアできたものしか販売する事が認められていません。
ですから、加熱殺菌する必要の無い綺麗な採水地の水が必ずボトリングされているという事になります。

その綺麗な採水地に関しても厳しい環境保護が義務付けられており、水質が汚染される事が無いよう徹底した管理がされています。
化学肥料や農薬などを使わない、生活排水が混入しないようにする、土壌は常に浄化されている状態にしておく等細かく定められているので、正真正銘加熱殺菌する必要が無い大変綺麗な採水地の水なのです。

そして、特に厳しくチェックされているのがミネラルの基準値を満たしているかという点。
EUではミネラルの規定量をしっかりと定めているので、成分含有量が徹底的に調べられています。

このような点から、手の加えられていない純粋に自然なままの水を安全に飲む事ができるのは、海外のミネラルウォーターでしかできないという事になります。
また、炭酸水に関しても日本の様に炭酸ガスを人工的に入れたものでは無く、自然発泡している商品も海外の炭酸水には多くある事から、真の天然の味を楽しむ事ができると言えるでしょう。